自動車保険の見直しガイド

このブログでは任意の自動車保険の見直しをしようと考えている方へ、 自動車保険業務経験者の目線でいろいろな情報を提供しています。

カテゴリ : 割引

現代ではあらゆるものが、といっても過言ではないぐらい、
多種多様なものがインターネットで手続きが可能な時代となってまいりました。

自動車保険の契約についてもそれがいえます。

しかもインターネットで契約をした方が保険料がかなり安くなるケースが多いですから、インターネットを毛嫌いしてしまうと想像以上に損をしてしまっているかもしれません。

そこで、今回は主なダイレクト損保数社のインターネット割引について取り上げてみたいと思います(あくまで2013年7月時点です)。

三井ダイレクト
こちらは新規契約時は4,000円割引で継続時は3,000円割引となり、
証券ペーパーレスを選択した場合はさらに500円割引となります。

アクサダイレクト
こちらは新規契約時は割引額は年間保険料によって異なり、
最大で10,000円で、継続契約時は1,000円割引となります。

イーデザイン損保
こちらは新規契約時は10,000\割引で、継続契約時でも10,000円の割引です。

継続契約時の方が新規契約時よりも割引額が
少なくなるのが一般的な中、こういったケースは貴重ですね。

アメリカンホームダイレクト
こちらは新規契約時は年間保険料から約10パーセント割引になり、
継続時契約は約5パーセント割引となります。

ソニー損保
こちらは新規契約時は8,000円割引で、継続契約時は2,000円割引となります。
また証券ペーパーレスの場合はさらに500円割引となります。

チューリッヒ
こちらは新規契約時は年間保険料によって割引額が変わり、
最大で12,000円の割引となり、継続契約時は1,500円割引となります。
また、新規契約時は、保険始期日より45日以上前に契約をした場合は
さらに早割として500円割引となります。

ということで、
主なダイレクト損保のインターネット割引額について挙げて参りましたが、
条件によってはインターネットではできない契約もあるので、その点は注意しましょう。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり

多くの自動車保険保険会社ではゴールド免許割引が対象になっております。

補償開始日時点での免許の色なのか、
免許の色が実際に変わった時点からの免許の色なのかは、
各社によって違いあります。

ところで、免許の色は実際にどのような形で
色分けがされるのかみなさんご存知でしょうか。

意外と多くの方は明確に把握していないと思いますので、
ここでちょっと免許の色の決まり方について簡単に説明してみたいと思います。

まずは、グリーン免許ですね。
これは免許を取得してから、3年間(3回目の誕生日の1ヶ月後まで)は
このグリーン免許で過ごすことになります。

次にブルー免許です。
こちらは基本的には有効期間は3年間(3回目の誕生日の1ヶ月後まで)です。

ただし、条件によってはこの期間が変わります。
その条件というのは、免許継続期間5年以上で、
過去5年に軽微な違反一回のみの場合は5年間(5回目の誕生日の1ヶ月後まで)有効となります。

そして最後にゴールド免許です。
このゴールド免許は5年間(5回目の誕生日の1ヶ月後まで)有効です。

ただし、一部例外があり、70歳以上の場合は4年間、
71歳以上の場合は3年間となります。

以上が免許の色分けの仕組みですが、これは契約者の免許の色ではなく、
あくまで記名被保険者の免許の色が対象となるので間違えないようにしましょう。

また、こうした免許の色は、保険会社と公安委員会とで情報連携して、
自動的に情報を反映してくれればありがたいのですが、
現状では残念ながら自分の方からの申告が必要となっております。

なので、更新案内が届いた時だけでも結構ですので、しっかり確認したいものです。

ゴールド免許割引はたしかに年間保険料から数パーセント程度の割引ですが、
忘れずにチェックしておきたいものですね。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり

このページのトップヘ