自動車保険の見直しガイド

このブログでは任意の自動車保険の見直しをしようと考えている方へ、 自動車保険業務経験者の目線でいろいろな情報を提供しています。

カテゴリ : 申込手続

自動車保険の契約をするには、
言うまでもなく保険料の入金が必要になってきます。

しかし、こうした当り前のことが意外とうっかり忘れられてしまうことがあります。
ではどういう場合に保険料の入金を忘れがちになってしまうのでしょうか。

まず挙げられるのが、同じ保険会社で更新の手続きをする場合です。
各保険会社によって手続きの方法は違いますが、
通常は書類の返送などで更新の意志を保険会社に伝え、
そして保険料の入金、というプロセスを経て更新手続き完了となります。

ところが、書類の返送だけで安心してしまって、
保険料の入金を忘れてしまい、そしてそのまま更新がキャンセルとなってしまった、
というケースが意外とあるようなので注意しましょう。

また、満期を待たずに保険会社を途中で切り替える場合も、
保険料の入金忘れが起こりやすいです。

保険期間途中での保険会社の切り替えは、満期をもって切り替えするよりも
今までの保険を解約する分手続きが増えるので、
現在の保険会社の解約手続きにだけ気をとられてしまい、
次の切り替え先の保険会社への加入手続きをうっかり忘れてしまうことがあるようです。

万が一こうしたことがあると、無保険状態が生じたり、
等級引継ぎができなくなってしまったりと、大変なことになってしまうので注意しましょう。
実際に入金忘れで等級が引き継げなくなる人って結構いるんですよ。

特に通販会社の場合は万が一入金を忘れていても、
そのフォローが電話ではなく、レターだけだったりするのでさらに注意が必要ですね。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり

自動車保険を他の保険会社に切り替えてみようと検討する人は多いかと思います。
もちろん一般的には他の保険会社に変えたとしても、現在の等級は引き継げます。
ただ自動車共済の場合、一部の共済は引継ぎできないところもあります。

JA共済やマイカー共済(全労災)や自動車共済であれば、
引継ぎ可能なのですが、教職員共済や自治労共済などは
ノンフリート等級制度がないため引継ぎできませんので注意が必要です。

また、マイカー共済に加入中の方は、見積もりをする際には
保険証書以外にも車検証を用意するようにしましょう。

というのも、通常は保険証書だけで見積もりに必要な情報は確認できるのですが、マイカー共済の証書には「車両所有者」の欄がないのです。なので、車検証もあわせて用意するようにしましょう。

また、全自共に加入中の方が他の保険会社に移ろうとする場合は、
ある書類も提出する必要があります。それは「無事故事故証明書」というものです。

他の保険会社や自動車共済以外の共済であれば、
保険会社同士の情報交換制度があるので、
自動車保険会社同士で契約内容の照合が行われるのですが、

自動車共済はこうした情報交換制度に加入していないため、
それを補う方法として「無事故事故証明書」というのが
他の保険会社にうつる際には必要となってくるわけです。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり

このページのトップヘ