自動車保険の見直しガイド

このブログでは任意の自動車保険の見直しをしようと考えている方へ、 自動車保険業務経験者の目線でいろいろな情報を提供しています。

カテゴリ : その他

自動車保険の見積をする際には、現在も保険加入中であれば、
その保険証券があれば基本的には見積が可能です。

しかし、自動車保険自体がまったくの新規加入だったり、
他社に加入中であっても場合によっては
証券の他に車検証も用意する必要が出て参ります。

ところで、ここで「車検証も用意する必要がある」と簡単に申し上げましたが、
実はここに注意すべきポイントがあります。

それは、自動車を公道で走る場合には、
車検証を必ず自動車の中に備え付けておかなければならないということです。

万が一、車検証を備え付けておかなかった場合は
「道路運送車両法」というものに抵触してしまい、罰せられてしまうのです。

道路運送車両法の第六十六条に
「自動車は、自動車検査証を備え付け、かつ、
国土交通省令で定めるところにより検査標章を表示しなければ、運行の用に供してはならない」とあります。

そして、車検証を自動車にいれてないまま公道を走ってしまった場合は、
50万円以下の罰金とされてしまうのです。

なので、自動車保険の見積時に車検証を自動車から
持ち出したりする場合は充分に注意が必要です。

せっかく自動車保険の見直しをして保険料が数万円程度安くできたとしても、
50万円の罰金を払わされてしまったら、
結果的にはかなりの損になってしまいますからね。

また、代理店に自動車保険見積を
おまかせするケースというのもあるかと思いますが、
その場合は車検証原本ではなく、基本的には車検証のコピーをとって、
そのコピーの方を代理店には渡すようにしましょう。

もし車検証の原本を渡してしまいますと、
急遽運転しなければならなくなった際に、
とても困ることになってしまいます。

たしかにコピーをとったりするのは意外と手間なものですが、
罰金のことを考えますと、そうはいっていられないですよね。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり

自動車保険の契約をする際には、
ナンバープレート(登録番号ともいいます)の申告が必須となります。

ところで、このナンバープレートですが、
自分の自動車以外のものはじっくりと見る機会はなかなかないと思います。

そこで、よくよく見てみると、大半の自動車は営業用ではなくて
自家用の自動車のナンバープレートの分類番号(地名の後ろの番号ですね)は
1、3、4、5ナンバーだということに気づくかと思われます。

ところが、一部「6」ナンバーのものもあります。
では、この6ナンバーはどんなタイプの自動車なのでしょうか。

6ナンバーの自動車は用途車種が小型貨物車、
または軽四輪貨物車が該当いたします。

なので、自動車保険にも特に問題なく
加入することは可能となっております。

あと、登録番号の記載内容の並び順ですが、
一般的には「運輸支局名」「分類番号」「かな」「連番」となり、
たとえば「練馬 500 あ 11」というような形になっております。

ところが、一部、そうした並び順とは異なっている場合もあります。
これは昭和49年12月31日以前に届け出をしたものが該当し、
並び順が「分類番号」「運輸支局」「かな」「連番」となり、
たとえば「500 練馬 あ 11」というような形になります。

こうした自動車は古車としての扱いになるため、
加入できたとしても、保険会社によっては
たとえば車両保険が付けることができないなど、
引き受け制限がかかってしまうことが多いので、
その辺は心得ておきましょう。

自動車を持っている人にとって、
ナンバープレートは自分の住所や電話番号と同じように
大事なものですから、万が一の事故や故障の際などにも
すらすら言えるように普段から覚えておくよう心がけていきたいものですね。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり

このページのトップヘ