自動車保険の見直しガイド

このブログでは任意の自動車保険の見直しをしようと考えている方へ、 自動車保険業務経験者の目線でいろいろな情報を提供しています。

カテゴリ : 事故関係

自動車保険は、基本となる補償である
対人賠償、対物賠償、人身傷害、車両保険などは
どこの保険会社もほぼ同様の内容ですが、
細かなサービスでは各社違いがあります。

自動車保険でやはり一番の核となるものは、実際に事故した時の事故対応となりますが、
その時保険会社によっては事故現場に駆け付けることをしてしない保険会社もあります。
(実際、駆けつけるとしても代理店の人かとは思いますが)

もちろん現場に駆け付けることはしなくても、
電話にて初期対応はしっかりと行ってくれますが、
しかしそれだけでは心細いという方も結構いるかと思います。

そういった方は、もともと現場に駆け付けるサービスを
行っているかをしっかりと確認してから保険会社を決めるほうがいいでしょう。

たとえば、セコム損保ではそうした「現場急行サービス」を行っており、
万が一の事故の際にはセコムの緊急対処員が現場に急行します。

そして緊急対処員は、救急車の手配、警察への連絡、
レッカーやタクシーの手配、そして何か困った点などのヒアリングなども行ってくれます。

たしかに、自動車での事故などというものは、
多くの人にとって一生に一度起きるか起こらないかのことでしょうから、
こういった対応をしてくれるととても心強いかと思います。

事故で動揺してしまうと、ただ単に警察や病院へ連絡を取るだけでも
うまく状況を伝えることができなかったり、
あまりに動揺がひどい場合は、頭の中が真っ白になってしまい、
各所への連絡が抜け落ちてしまう場合もあるかもしれません。

そして、事故をした際の連絡などが遅くなってしまうと、
もしかしたらさらに余分なアクシデントが起こる可能性もありますから、
この現場急行サービスというのは結構重要視されるべきサービスかもしれません。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり

何かあった場合の自動車保険ですが、
保険会社が当事者の間に入って示談交渉ができないケースというのもあります。
どういったものがそれに該当するのでしょうか。

まずは対人賠償と対物賠償共通のものから挙げていきますと
「過失割合が0ー100で、こちらがまったく悪くない<もらい事故>の場合」
「補償の対象となっている人が、正当な理由がないのに協力を拒否した場合」
「事故相手が保険会社と交渉することに対して同意をしない場合」
が示談交渉ができないケースに該当します。

とくに該当しやすいのが、
もらい事故のケースなので、注意しましょう。

つぎに、対人賠償のみに該当するものを挙げますと
「損害賠償の金額が、明らかに自賠責保険の範囲におさまるなど、任意保険での支払責任がない場合」
「補償の対象となる自動車が、自賠責保険に未加入」
「損害賠償額や保険金額が、明らかに保険金額および自賠責保険での支払われる額の合計金額を超える事故の場合」
が示談交渉できないケースに該当します。

そして次に対物賠償のみに該当するものを挙げますと
「損害賠償額が明らかに保険金額を超える場合」となります。

上記のうち、ほとんどのものは稀なことかと思いますが、
もらい事故に関しては意外に多いものです。
これに関して、示談交渉をしてもらえないというのは痛いですよね。

保険会社が示談交渉をしてくれないということは、
自分でやるか、弁護士を雇ってやってもらうしかないということです。

そんな場合は自分でやるという人であれば問題ありませんが、
そんな自信はないという人は、「弁護士費用特約」をつけておくことをおすすめします。
これがあれば弁護士の費用が出ますので安心ですよ。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり

このページのトップヘ