自動車保険の見直しガイド

このブログでは任意の自動車保険の見直しをしようと考えている方へ、 自動車保険業務経験者の目線でいろいろな情報を提供しています。

カテゴリ : 異動手続き

自動車保険を契約中に、何かご自分の状況に変化があった場合は、
保険会社に連絡しなければなりません。

しかし、何らかの事情で保険会社への連絡ができなかったり
忘れてしまったという場合もないとはいえません。

では、契約していた自動車を手放してしまったのに、
保険会社に連絡を忘れて満期を迎えてしまった場合の扱いはどうなるのでしょうか。

自動車保険には「過去13ヶ月以内に同居の親族も含めて、
契約満了もしくは解約した保険がある場合は、その前契約内容も関係してくる」
というルールがありますが、
こういった場合は前契約終了日は、どういう扱いになるのでしょうか。

結論としては、その契約の満期日まで契約は有効とみなされますので、
前契約終了日はその満期日となります。

どうしてかといいますと、自動車保険の補償内容には、
自動車に乗っている時以外にも対象となる補償があります。

たとえば、ファミリーバイク特約や人身傷害の歩行中に
自動車にひかれてしまった場合の補償などが該当いたします。

なので、こういった場合でも先に挙げた
「過去13ヶ月以内に同居の親族も含めて、契約満了もしくは解約した
保険がある場合は、その前契約内容も関係してくる」というものに該当し、
保険料未納などで途中で契約解除とかになっていなければ、
自動車を手放してから満期までの残り期間も有効契約となり、
その満期日が保険終了日とみなされます。

ただ、だからといって自動車を手放した場合は
そのままでいいかというと、そういうわけではありません。

自動車保険の契約を結ぶ時に、
重要事項説明書や約款などに「通知義務」というものの説明が詳しく書かれているのですが、
これは自動車を手放したり買い替えたときなどはもちろん、
住所や連絡先などが変わった場合も速やかに保険会社に変更の連絡をする義務がある、
というものです。

また、そうして通知義務を怠ると、
契約者側に不利なことが生じる可能性がありますので、充分に注意しましょう。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり

自動車を複数台お持ちの方も多いと思いますが、
事情によりそのうちの1台を手放すという場面もあるかと思います。

そうなった際には自動車保険はどうすればいいのでしょうか。

そのまま手放す自動車の保険を解約すればいいのでしょうか?
それとも何か他の方法があるのでしょうか?

そういった疑問をお持ちの方のために、
その際の手続きや注意点について案内したいと思います。

たとえば、自動車が2台あって、A車の等級は20等級、B車の等級は10等級、
そして手放すのは20等級がついているA車の方というケースで説明いたします。
  • A車(20等級)⇒この車を手放す 
  • B車(10等級)

もちろんそのままA車を手放して、
A車についていた20等級は中断証明書を発行してもらい、
後にこの等級を次回購入する自動車に使うというのでもかまいません。
  • A車(20等級)⇒この車を手放すので解約 
  • B車(10等級)

しかし、車両入れ替えの条件を満たせば、A車の20等級をB車につけて、
そしてB車についていた10等級は中断証明を取っておくということもできるのです。
  • A車(20等級)⇒解約せずにこの保険にB車を入れ替える
  • B車(10等級)⇒こちらは解約

自動車が減ることによる車両入替なので、
「減車入替」と呼ばれております。

ここで注意点としては、正確には等級を付け替えるというのではなくて、
保険に対して車両を入れ替えるという手続きになるので、
保険期間が変わってしまうということです。

つまり、もともとA車が1月満期で、B車が8月満期だったとするなら、
この入れ替えを行った後はB車の保険期間は
A車の保険期間に該当する形になるので、
満期が8月ではなく1月に変更になるのです。

つまり、そのことをうっかり忘れてしまっていますと、
満期がきたことに気づかない、という可能性が出てきます。

まあ、満期前には保険会社からなにかしら通知があるはずですが、
満期のお知らせは郵送のみという保険会社も多くありますので、
DMなどと勘違いして捨ててしまい気づかなかった....
というケースも起こり得るかと思われます。

なので、入れ替えをすることで生じるリスクも
しっかり頭に入れた上で手続きを行いたいものですね。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり

このページのトップヘ