必ずというわけではないのですが、
自動車保険に加入すると多くの場合、ロードサービスが自動的に付帯されます。

ロードサービスというのはどういうものかというと、
事故や故障等の際に車の搬送や、応急処理などをしてくれるサービスのこと。

たとえば、バッテリー上がりの場合は、
エンジンがかかるようにジャンピングの作業をしてくれますし、
パンクしてしまったら、スペアタイヤへの交換作業をしてくれます。

他にも、事故で車が自走不能になってしまえば、
それを修理工場まで搬送してくれますし、
キーロックの場合の鍵開け作業もやってくれるんです。

要するに車がなんらかのトラブルに見舞われたときに、
連絡すれば、無料で助けてくれるというサービスということになりますね。

もちろん、なんでもかんでも無料というわけではなく、
応急作業で何か部品が必要な場合、その部品代は有料だったり、
車を搬送する場合は、何キロまでは無料という具合に
無料の範囲というのは各社でそれぞれ決まっています。

ただ、多くの場合は無料の範囲で済むトラブルになりますので、
お金がかかるケースというのはあまり多くはないようです。

事故と同様に、車のトラブルというのもそんなに多く発生することではありません。
でも、そんなときのためにロードサービスが
自動車保険に付帯されているというのは覚えておきましょう。

実際に車の故障などのトラブルに見舞われても、
保険会社に連絡するという選択肢があることを知らない人が多く、
民間業者に直接連絡したり、会員でなくてもJAFを呼んでしまい、
お金を払ってトラブルを解決してもらう人もいるようです。

それってかなりもったいない話ですから、
しっかりロードサービスのことは覚えておくようにしてくださいね。

もちろん、自分の自動車保険に付帯されているかもチェックを忘れずに!

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり