自動車保険では、これまでも走行距離区分に応じて、
保険料が高くなったり安くなったりというものはありましたが、
損害保険会社大手の損害保険ジャパンでは、
さらに一歩進んだ商品の運用がスタートいたしました。
(2013年7月1日始期日以降の契約から、この商品の運用はスタートしています。)

それは「ドラログ」というもので、テレマティクス技術という最新の通信技術により、
正確に契約車両の走行距離を把握できるというものです。

これは走行距離だけではなく、契約車両の走行概要がわかるため、
たとえば盗難されてしまった、という場合でも、
この通信機能を使って盗難車両を探し出せたりも可能となります
(似たようなものとしては、紛失したスマートフォンをGPS機能を使って探し出す、というのがありますね)。

そして、その際の盗難追跡費用や盗難引き取り費用に対して
15万を限度に支払いが可能となっております。

ただし、現段階ではこの通信機能を備えた車種である
電気自動車のみがこの商品を付帯することが可能となっております。

とはいえ、こうした商品は通信網が日々発展している現状をふまえてみますと、
どんどん拡大していくのではないかと思われますし、
ユーザーの需要もかなりあるかと思われます。

そして、気になる保険料についてですが、
これはドラログを付帯した二年目の継続契約から
走行距離に応じた保険料になるとのことです。

走行距離に応じた保険料というのは、
たとえばダイレクト損保のソニー損保などでも取り入れられておりますが、
実際に走った走行距離についてはどうしても自己申告という側面がありました。

それに対して、このドラログではデータ通信で走行距離が把握できるため、
より実態に即した保険料算出が可能になるといえるのではないでしょうか。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり