いくらいい商品があっても、お客さんが必ずしもそれで興味をもってくれるというわけではありません。そこで企業はあの手この手を使って、お客さんを振り向かせるのですが、
それは自動車保険会社にとっても同じです。
そうした傾向は各社の公式ホームページに顕著にみられます。

そこで今回は、ダイレクト損保の公式ホームページ上で
思わず目を引くユニークなものをいくつか紹介したいと思います
(2013年7月時点)。

まずはチューリッヒの公式ホームページですが、
ここでは「保険料10秒診断」というものがあります。

これは6つの質問に答えるだけで、概算保険料がわかるというものです。
その6つの質問とは、①車種、②年齢条件、③お住まい、④運転免許証の色、⑤お車の使用目的・年間予想走行距離、⑥現在のノンフリート等級、です。

「10秒診断」といっても、
もちろんあくまでサクサク入力を進めだ場合という前提のもとですが、
しかし保険会社に問い合わせてこうしたかなりざっとした見積もりを希望しても、
断られるケースも意外に多くありますから、
こうした超概算の試算ができるというのは貴重かと思われます。

そして次にソニー損保の公式ホームページです。
ここでは「5分でわかる自動車保険ガイド」というものがあります。
もちろん5分、というのは疑問点を持たずにサクサク読み進んだ場合の時間ではありますが、
しかしこうしてコンパクトに自動車保険の内容がまとめられているのは便利です。

また、ソニー損保の公式ホームページ上では、
事故対応の満足の声だけでなく、不満足の声も公開しているので、
より契約者の本音をのぞけるかと思われます。

さて次にSBI損保です。
ここの公式ホームページには「WEBチャット」というものがあります。
これはSBI損保の自動車保険の商品、サービス内容、見積方法などの質問に
インターネットのチャットで答えるというなかなか珍しいサービスです。

電話が苦手な方、またはメールよりも早く回答がほしい、
という方にとっては重宝されるサービスかと思います。
(土日祝日や早朝・夜間等はサービス受付時間外)

このようにずいぶんと工夫をこらしたものが各社のホームページでみることができます。
これからもますますそうした傾向は続くでしょうから注目していきたいものです。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり