環境問題への関心が高くなっている昨今ですが、自動車業界においても
電気自動車、メタノール自動車、圧縮天然ガス自動車、ハイブリッド自動車などの
低公害車、いわゆるエコカーと呼ばれる環境に優しい自動車が市場に増え始めております。

そして、エコカーを購入の場合は、税制面で優遇を受けたりすることができます。

それで、数年前から自動車保険業界でも
そういった環境を考慮した流れが出始めております。

日新火災の「アサンテ」という商品は、
契約の自動車が事故をしてしまった時に、
リサイクルパーツを使って日新火災の指定した修理工場で修理すると、
地球環境の保護に貢献したとして車両保険料が10%割引になります。

そして、この修理工場は日新火災が指定した優良工場となりますので、
質の高い修理やサービスを受けることができます。

ちなみにこの商品名の「アサンテ」というのは、
スワヒリ語で「ありがとう」という意味なのだそうです。

また、ソニー損保では環境保全活動として、
予想走行距離(契約距離区分)より、実際に走った走行距離が少なかった場合、
予想より少なかった距離100kmにつき1円を
NPO法人の「そらべあ基金」というものに寄付を行い、
全国各地の幼稚園や保育所へのソーラー発電所の設置などにあてております。

自動車は走行する際にCO2を排出するので、
走った距離が少なかった場合は環境保全に繋がりますからね。

ちなみに「そらべあ基金」についてもう少し説明いたしますと、
ここでは地球温暖化の防止に貢献するソーラー発電などの
自然エネルギー普及活動を行っております。

こうした環境への取り組みは、顧客側の関心も高まっておりますので、
今後はより一層自動車保険業界でも増えていくことが予想されます。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり