現在、自動車保険業界では
顧客と保険会社が直接契約などのやり取りをする
いわゆるダイレクト型の保険会社が増えてきております。

こうしたダイレクト型は電話やインターネットで手続きをするのが特徴です。

そして、保険料は代理店型の保険会社よりも
一般的には安くなる傾向があり、なおかつインターネットで手続きをしますと、
インターネット割引というものが適用されますので、
従来の代理店型に比べて驚くほど保険料が安くなる場合もあります。

各社インターネット割引の額は違いますが、
多いところでは1万円ほども割引となる保険会社もあります。

さて、このように保険料が安くなっていくのは、
顧客側にとっては歓迎すべきことですが、しかしちょっとだけ不安な要素もあります。

というのは、現在の自動車保険業界は、損害率の悪化により、
多くの保険会社で苦しい運営を迫られております。

昨今のノンフリート等級制度の改定も、
そうした損害率の悪化もある程度踏まえてのものです。

なので、常識的に考えて、そんな苦しい状況の中、
保険料だけが安くなっていくというのは、
どこかでひずみが出てくる可能性もあるかと思います。

たとえば、保険料を安くするために、人件費を削除するなどしている場合は、
事故対応が雑になるケースも考えられますし、
緊急の場合に連絡をしてもなかなか電話が繋がらない、
といったこともありうるかもしれません。

なので、たしかに保険料の安さはかなり魅力的なことですが、
自動車保険の本来の目的は事故をしてしまった時に
しっかりと対応してもらうという基本を考えますと、
保険料の安さにばかりひかれるのは避けたほうが賢明かと思います。

もちろん、企業努力で、保険料は安くしても
対応に関しての質は落ちていないという場合もありうると思います。

なので、近頃はインターネットなどで口コミ情報を数多く得ることができますので、
そういったものも参考にして決めるのも一つの手かと思います。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり