車両保険はご自分の自動車が損害を被った場合の修理代等に対する補償です。

各保険会社によって多少の例外はありますが、
ほとんどの保険会社が二種類の車両保険を扱っています。

では具体的に車両保険ではどういったことを補償してくれるのでしょうか。

まずは補償の厚い「一般車両保険」です。
これは「地震・津波・噴火をのぞいて、ほぼすべての損害を補償する」というもの。

では「ほぼすべて」というのはどういう内容が該当するのでしょうか。
挙げていきますと「電柱・建物等の他物との衝突・接触や転覆・墜落」
「当て逃げ」「他の自動車との衝突・接触」「火災・爆発・盗難・台風・洪水・高潮」
「落書き・いたずら・窓ガラス破損」「飛来中または落下中の他物との衝突」が該当し、
故意にぶつけた場合や、戦争やテロによる損害など、
一部の状況に関しては補償しないものとなります。

では、つぎにもうひとつの車両保険である「エコノミータイプ」です。
保険会社によっては「車対車限定A」などという名称の場合もあります。

このエコノミータイプでは、先に挙げた一般車両保険の内容から
「単独事故」「当て逃げ」を除いたものが補償対象となります。

一見すると、どちらのタイプでもあまり変わらないと感じるかもしれませんが、
しかし、車庫入れの際に車庫にこすって自分の自動車に傷がついてしまったとか、
うっかりガードレールにこすってしまったなどというのはよくあるケースですよね。

なのでもちろんおすすめはそういった場合も補償される一般車両保険ですが、
当然、補償が厚いそのぶん保険料もエコノミータイプにくらべて
万単位で高くなるケースが多いので、どちらにするかは悩み人が多いですね。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり