何かあった場合の自動車保険ですが、
保険会社が当事者の間に入って示談交渉ができないケースというのもあります。
どういったものがそれに該当するのでしょうか。

まずは対人賠償と対物賠償共通のものから挙げていきますと
「過失割合が0ー100で、こちらがまったく悪くない<もらい事故>の場合」
「補償の対象となっている人が、正当な理由がないのに協力を拒否した場合」
「事故相手が保険会社と交渉することに対して同意をしない場合」
が示談交渉ができないケースに該当します。

とくに該当しやすいのが、
もらい事故のケースなので、注意しましょう。

つぎに、対人賠償のみに該当するものを挙げますと
「損害賠償の金額が、明らかに自賠責保険の範囲におさまるなど、任意保険での支払責任がない場合」
「補償の対象となる自動車が、自賠責保険に未加入」
「損害賠償額や保険金額が、明らかに保険金額および自賠責保険での支払われる額の合計金額を超える事故の場合」
が示談交渉できないケースに該当します。

そして次に対物賠償のみに該当するものを挙げますと
「損害賠償額が明らかに保険金額を超える場合」となります。

上記のうち、ほとんどのものは稀なことかと思いますが、
もらい事故に関しては意外に多いものです。
これに関して、示談交渉をしてもらえないというのは痛いですよね。

保険会社が示談交渉をしてくれないということは、
自分でやるか、弁護士を雇ってやってもらうしかないということです。

そんな場合は自分でやるという人であれば問題ありませんが、
そんな自信はないという人は、「弁護士費用特約」をつけておくことをおすすめします。
これがあれば弁護士の費用が出ますので安心ですよ。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり