自動車保険において、
ある意味最も重要な名義と言ってもいいのが「記名被保険者」です。

これは主に運転する方の名義で、等級を持っている方の名義でもあるのですが、
この記名被保険者を変更する際には細心の注意が必要です。

記名被保険者を変更しても等級の引継ぎができるのは、
基本的には「同居の親族間の変更」の場合のみとなりますが、
例外的に別居間でも等級の引継ぎができる場合があります。

その1つが、配偶者が別居の場合です。
この場合は、たとえ別居間であっても、夫から妻、
もしくは妻から夫というように等級継承が可能となります。
また、その「別居の配偶者と同居している親族」への等級の引継ぎも可能となります。

なんだかややこしい表現になってしまいましたが、
例をあげますと、別居中の妻の子供、もしくは別居中の夫の子供への
等級継承も可能ということです。

保険会社の人たちも、夫婦は同居という前提で説明をする場合が多いので、
意外とこの点については案内もれがあるかもしれません。

そして補足ですが「等級継承ができる続柄」と
「自動車保険における家族の定義」を間違わないようにしましょう。

一般的にいって、自動車保険での家族の定義は
「記名被保険者からみて、配偶者・同居の親族・別居の未婚の子供」までです。。
ただ、これはあくまで家族の定義であって、
記名被保険者の引継ぎができる続柄ではないので、このへんは混同することのないようにしましょう。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり