自動車保険の見直しガイド

このブログでは任意の自動車保険の見直しをしようと考えている方へ、 自動車保険業務経験者の目線でいろいろな情報を提供しています。

ご自分で会社を経営されている方は、自動車を購入する際、プライベート用の自動車であっても会社名義で購入されることもあるかと思います。

そしてなんとなく「車検証に記載されている所有者が会社名義なんだから、当然契約者や記名被保険者も会社名義だろう」と思ってしまう方が結構いらっしゃるようです。そうして安易にすべての名義を会社名義にしてしまいますと、後々不都合が生じてしまう可能性があります。

たとえば無事故で何年も過ごしてきて、かなりいい等級になってから記名被保険者を個人に変更しようとしても、等級継承ができませんから、また新規からのスタートになってしまいますし、車を買い換えた際に個人名義で購入したりしても車両入替ができずに新規になってしまいます。また、保険会社によっては記名被保険者が会社名義であればロードサービスが使用できなかったりと、いろいろなデメリットが起こりうるかと思います。

もちろんしっかりとした保険会社や保険代理店であれば、自動車保険に加入する際に詳しく状況を聴取して契約者や記名被保険者の設定をするはずですが、中にはアバウトにそうした名義の設定をしてしまうところもあります。

なので、たかが自動車保険とあなどらないで、自分の身は自分の身で守るというぐらいの気持ちを持ったほうがいいかと思います。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり

何事においても思わぬトラブルというのは避けたいものですが、万が一トラブルに出くわしてしまった場合でも、対応策がしっかりあれば安心です。

自動車保険においては、ロードサービスの存在が万が一のトラブルの際に重要になってくるかと思われます。このロードサービスですが、保険会社によって自動付帯されているところとそうでないところがあります。

主な内容としては、レッカーサービス、パンク、ガス欠、キー閉じ込みなどがあります。利用する機会が比較的多いと思われるレッカーサービスですが、これは保険会社によって無料で搬送してくれる距離数が異なるので、事前に確認してみたほうがいいと思います。

さて、ここでふと疑問に思われる方もいるかと思います。それは「自動車保険会社のロードサービスがあれば、JAFの契約は辞めてもいいのだろうか?」という疑問です。

その疑問に答える前に、まず自動車保険会社とJAFのロードサービスの違いについて説明したいと思います。簡単に申しますと「自動車保険会社は契約した自動車に対してのサービスとなり、JAFは会員に対してのサービスとなる」という点が違いになります。なので、自分の自動車しか運転する機会がないという方はJAFのロードサービスは辞めてもいいかもしれません。
(一部保険会社では違う場合も考えられますので注意してください)

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり

このページのトップヘ