自動車保険の見直しガイド

このブログでは任意の自動車保険の見直しをしようと考えている方へ、 自動車保険業務経験者の目線でいろいろな情報を提供しています。

必ずというわけではないのですが、
自動車保険に加入すると多くの場合、ロードサービスが自動的に付帯されます。

ロードサービスというのはどういうものかというと、
事故や故障等の際に車の搬送や、応急処理などをしてくれるサービスのこと。

たとえば、バッテリー上がりの場合は、
エンジンがかかるようにジャンピングの作業をしてくれますし、
パンクしてしまったら、スペアタイヤへの交換作業をしてくれます。

他にも、事故で車が自走不能になってしまえば、
それを修理工場まで搬送してくれますし、
キーロックの場合の鍵開け作業もやってくれるんです。

要するに車がなんらかのトラブルに見舞われたときに、
連絡すれば、無料で助けてくれるというサービスということになりますね。

もちろん、なんでもかんでも無料というわけではなく、
応急作業で何か部品が必要な場合、その部品代は有料だったり、
車を搬送する場合は、何キロまでは無料という具合に
無料の範囲というのは各社でそれぞれ決まっています。

ただ、多くの場合は無料の範囲で済むトラブルになりますので、
お金がかかるケースというのはあまり多くはないようです。

事故と同様に、車のトラブルというのもそんなに多く発生することではありません。
でも、そんなときのためにロードサービスが
自動車保険に付帯されているというのは覚えておきましょう。

実際に車の故障などのトラブルに見舞われても、
保険会社に連絡するという選択肢があることを知らない人が多く、
民間業者に直接連絡したり、会員でなくてもJAFを呼んでしまい、
お金を払ってトラブルを解決してもらう人もいるようです。

それってかなりもったいない話ですから、
しっかりロードサービスのことは覚えておくようにしてくださいね。

もちろん、自分の自動車保険に付帯されているかもチェックを忘れずに!

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり

過度な偏見の目を持つことはいけませんが、
障害者を抱えている家庭というのは、何かと困難なことがあるかと思われます。

では、自動車保険ではそうした障害者をお持ちの方や家庭に対しては
何か優先されるようなものはあるのでしょうか。

残念ながら、障害者に対してまったくそうした優先する措置をとっていない
保険会社が多いのですが、それでも一部の保険会社では優遇してくれるところもあります。

AIU損害保険株式会社では、障害者割引として、
年間の保険料から10パーセントの割引をしてくれます。
たかが10パーセントとみるか、されど10パーセントとみるかは
それぞれ受け止め方は違うかと思いますが、それでもこうした割引は有効に活用したいものです。

そして適用条件なのですが、AIU損害保険によると、
①記名被保険者が個人であるということ
②用途車種が、自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車、自家用小型貨物車、自家用軽四輪貨物車、自家用普通貨物車(最大積載量0、5トン以下)、自家用普通貨物車(最大積載量0、5トン超2トン以下)、特殊用途自動車(キャンピング)、自家用バスのいずれかであるということ
③記名被保険者、記名被保険者の配偶者、記名被保険者または配偶者の同居親族の中に障害者が一名以上いるかどうか

というこの三つが適用条件として挙げられております。

また、障害者の定義ですが、身体障害者は「身体障害者手帳」、知的障害者は「療育手帳」「愛の手帳」「みどりの手帳」などの交付を受けた方が対象となります。そして、この割引を適用する場合は、契約する際にこれらの手帳の提示などによって、障害者の事実を確認できることが必要ということなので、対象になる可能性がある方は忘れずに申告したいものです。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり

このページのトップヘ