自動車保険の見直しガイド

このブログでは任意の自動車保険の見直しをしようと考えている方へ、 自動車保険業務経験者の目線でいろいろな情報を提供しています。

通販型自動車保険のソニー損保から、先日、新商品の発表がありました。
それは「やさしい運転キャッシュバック型」というものです。

どのような内容かといいますと、文字通り「やさしい運転」を心がけているドライバーに、
保険料が「キャッシュバック」されるというものです。

一般的にいいまして、若いドライバーは事故率が高く保険料も高くなりがちですが、
実際には若い方でも安全運転をこころがけていて、
事故率のきわめて低いドライバーもいると思いますし、
まだ自動車保険に加入したてで等級の低いドライバーでも事故を起こさないドライバーもいるはずです。

こういった状況をふまえますと、このソニー損保からの新商品は、
より合理的で納得感のあるものになっているかと思います。

そして、具体的にどうやって安全運転の数値をはかるかといいますと、
希望者には「ドライブカウンタ」という小型計測器がソニー損保より送られます。
それを車内に常時設置しておくことで、数値がカウントされるという仕組みです。

ゆっくり加速し、ゆっくりブレーキを踏む、という運転を心がけると、
いい数値を導き出すことができるとのことです。

この商品の導入によって、ドライバーは事故でのリスクの可能性が減り、
しかも保険料が安くなりますし、保険会社としても保険金の支払いを抑えることができるというように、
双方にとってメリットがある仕組みかと思います。

この商品は、今回が日本では初めての商品になりますが、
損害率の悪化は自動車保険業界全体の問題になっていますから、
今後他社も追随して導入してくる可能性があるかもしれません。

なお、この新商品の販売時期は2015年2月中旬からとなっており、
30日間の無料トライアルの受付については2014年11月17日より開始されております。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり

車両保険というと、自分の車が損害を被った場合に、
保険金額を上限として、その修理代や再購入費を補償してもらえるものです。

でも、実はそれだけではなくて、
損害を被ったことにより、自力走行不能になった場合の
修理工場への搬送費用というのも補償対象となるのです。

最近は、ロードサービスが自動付帯されていることが多いので、
そちらで一定距離であれば、無料で搬送してもらえるのですが、
遠出したときに事故にあった場合、その無料距離だけでは足りなくなることもあります。

無料の距離を超えた分に関しては、当然お金がかかってきますが、
だいたい1キロあたり500円前後が相場のようで、かなり遠くで事故をしたときは、
その搬送費用だけでもかなりの金額になってしまうんです。
100キロを有料で運んだら、1キロ500円なら5万円かかりますからね。

そんなときに車両保険があれば、多くの保険会社で保険金額の10%、
もしくは10万円のいずれか低いほうの金額まで搬送費用も補償されるので、
そんなときに大きな助けとなるわけです。

まあ、もし遠出をして事故をしたら、現場の近くの修理工場を探して、
そこに入庫しますって人はあまり関係ない話かもしれませんが、
できれば、自宅近くのディーラーなどに入庫したいという人は覚えておくといいでしょう。

ちなみにこの話はあくまでも事故のときだけです。
遠出して故障した場合は、車両保険の対象外になりますので注意してください。

<注意>
一部保険会社では、車両保険で搬送費用がカバーされないところもあります。 

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり

このページのトップヘ