自動車保険の見直しガイド

このブログでは任意の自動車保険の見直しをしようと考えている方へ、 自動車保険業務経験者の目線でいろいろな情報を提供しています。

個人で自動車保険を契約されている方には馴染みがないかもしれませんが、
自動車の任意保険には所有台数が10台以上のフリート契約と、
9台以下のノンフリート契約というものがあります。

これは選べるというものではなく、所有台数によって強制的に決まるもので、
フリード契約となるのは、主に法人契約が該当することが多いかと思います。

そこで、今回はこのフリート契約からノンフリート契約に
切り替わる場合の注意点について案内したいと思います。

たとえば、所有台数が10台以上から9台以下に減って、
なおかつ保険料も見直ししたいから別の保険会社に変更したい、
という場合があるかと思います。

そういった場合、いきなりノンフリート契約しか扱っていない
通販型の保険会社などに変更しようとしても、何等級でノンフリート契約を
スタートするべきということが判断ができませんので、まずはいったん元々の保険会社で
フリート契約からノンフリート契約に切り替えてもらう必要があります。

そこで具体的に何等級というものが適用されて、
そこからはじめてノンフリート契約を扱っている他の保険会社に移行することができます。
(この運用は保険会社によっても違うとは思いますが)

そして、もう一つ注意点としては、このフリート契約からノンフリート契約への切り替えは、
すぐ明日からというわけにはいかず、手続きにはある程度の期間がかかるので、
余裕をもってスケジュールを組んでおくことが大切です。

いざ自動車に乗る必要が出た時に、
自動車保険がしっかり機能していないとなると大変ですからねえ。

では、フリートからノンフリートになるタイミングで、
契約者・記名被保険者・車両所有者の
3つの名義すべてを変更する場合はどうなるのでしょうか。

その場合は、フリート契約が前契約とはならないため、
ノンフリート契約しか扱っていない保険会社でも新規で通常通り加入が可能です
(もちろん、他に過去13ヶ月以内の前契約がないか等、通常どおり関係してまいります)。

いずれにせよ、馴染みのない手続きになりますので、
不明点などは保険会社や代理店に相談しながら、慎重に手続きを進めるようにしましょう。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり

自動車保険では、自動車事故以外の、
日常生活でのトラブルに対しても対応している個人賠償というものがあります。
多くの保険会社ではこの個人賠償は特約として付帯することが可能です。

自動車事故以外だったら、そんなに大きな事故にならないだろうから必要ないよ、
などと思っている方も多いかもしれませんが、現実には高額な事例も発生しております。

たとえば、自分が自転車に乗っていて、歩行者と衝突して
重度の後遺障害をおわせてしまった場合などは、何千万円もの損害賠償が発生する場合があります。

自転車といっても、近頃の自転車は性能がいいので
ついついスピードも出してしまいがちだと思いますし、
こういった事例は決して他人事ではないと思います。

そしてこの個人賠償ですが、もちろん各保険会社によって多少内容の相違はあります。
たとえば示談代行サービスは、自動車の事故に関しては付帯されているけれど、
自転車事故などの個人賠償については付帯されていない、という保険会社もあります。

セゾン自動車火災保険の「おとなの自動車保険」は、
俳優の香川照之さんがイメージキャラクターをつとめていることで有名ですが、
ここでは個人賠償にも示談代行サービスが付帯されているので、おすすめです。

しかも保険金額が無制限の上、
年間保険料はわずか500円程度で付帯できるというので、うれしいですよね。

あと、この個人賠償はご自身側のケガなどに関しては補償されないのですが
「おとなの自動車保険」では「自転車傷害特約」という商品もあるので、
ご自身側のケガの補償も気になる方は、この特約も一緒に付帯するとより安心かと思います。

なお補償される方の範囲は、そのご家族の方までとなっているので、
お子さまの自転車事故などにも対応できるようになっております。

<PR>
インズウェブで一括見積もりした人は平均30,035円の節約に成功しています!
自動車保険見積もり

このページのトップヘ